骨盤の歪みは万病の元!女性の敵です①

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

このブログでは、よしたか鍼灸整骨院と、ご縁があったあなたが健康な毎日を送れるよう、色々な健康情報を発信しております!


今回は女性に多い骨盤の歪みがテーマです。どうなれば骨盤が歪むのか?

更に骨盤が歪むとどうなるのかについて2回に分けてまとめましたので、読んでみてください。

骨盤が歪みすぎると妊娠できない?

なかなか妊娠できない原因の一つとして骨盤の歪みが関係している事をご存知でしょうか?

日頃から悩まされる事が多い腰痛や生理痛などの症状も高い確率で「骨盤の歪み」が原因です。

では骨盤の歪みの原因と体に及ぼす悪影響、骨盤矯正の方法について説明します。

骨盤の歪みとは、どういう状態?

「骨盤の歪み」という言葉をよく聞きますが、そもそも骨盤が歪んでいるとはどういう状態をさすのでしょうか?背骨の腰部分にある腰椎の下に仙骨という骨があります。この仙骨を中心に両サイドに広がった寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)と尾骨などの数種類の骨で構成されているのが骨盤です。骨盤は周囲にある関節や筋肉によって支えられていますが、悪い姿勢や出産などによって骨の角度が傾いたり、結合部がずれたり、緩んだりします。こうした状態を「骨盤の歪み」と言います。

骨盤の歪みの原因は?

骨盤は日常生活での動作やクセ、猫背などの悪い姿勢が原因となって少しずつ歪みます。特に女性は毎月の生理周期のリズムに合わせて数センチの範囲で骨盤が緩んだり締まったりするので、男性よりも歪みやすいと言えます。

日常生活での動作やクセ

人には誰でも利き手や利き足があり、無意識に使いやすい方の手や足を多く使うことで、骨盤が歪みます。脚を組んで座ったり、バッグをいつも同じ方の肩や腕にかける、うつ伏せで寝る、膝を床にくっつけてペタンと座る「アヒル座り」をする、脚を交差させて立つなども骨盤の歪みを助長します。また、歪みが強い人ほど重心が傾いている為、自然と向きやすい方ばかり向いてしまいます。

運動不足

ほとんど体を動かさない生活を続けていると、筋肉が付かない為、体重をうまく支えることができず不自然な体勢をとりやすくなります。更に猫背になる・椅子に浅く座るといった姿勢が楽に感じてしまうようになります。また頭を支えるために頬杖をつくことも増え、顎関節、頸椎、背骨が歪むことで、骨盤の歪みを引き起こします。

出産

妊娠している女性の体は、出産が近くなるとリラキシンというホルモンを分泌します。骨盤の靭帯を緩めて骨盤を開きやすくし、産道を確保する働きをするのです。この骨盤の靭帯が緩むことで骨盤が歪みやすくなります。また出産時に骨盤が大きく広がりますが、骨盤矯正をせずに開いたままの状態が続くと、骨盤の歪みや重心のズレにつながることもあります。

よしたか鍼灸整骨院は、変形性股関節症・腰の病気・体のゆがみ専門治療院です

ゆがみが改善したら、どんな良い事があるのか・・・

1.痛み・シビレ・こりが改善され、仕事や遊びが楽しくなります。

2.筋肉が引きしまり、新陳代謝が活性化され、理想の体型に変化します。

3.心も体も元気になり毎日笑顔ですごせます。

4.世界平和!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

肩こり・腰痛で何件も病院や整骨院へ行ったけどダメだった。と諦めているあなた、一度、当院にご来院ください。

意外な原因が見つかるはずです!

奈良県橿原市鳥屋町にある変形性股関節症・腰の病気・体のゆがみ専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇