認知症について考えてみましょう。

認知症、一昔前まで痴呆症(ちほうしょう)と呼ばれていましたが、いつか自分の親にも起こる可能性がありますので一度、学校で習いましたが最新の情報をまとめましたので、ご興味がある方は参考になさってください。認知症とは、色々な原因によって脳の神経細胞が破壊され正常な日常生活が送れないようになる症状をいいます。
認知症には種類があり、最も多いのが「アルツハイマー型認知症」で脳にあるアミロイドβやタウと呼ばれるタンパク質が蓄積されることで起こります。
他に、「脳血管性認知症」脳梗塞や脳出血、くも膜下出血をきっかけに発症。「レビー小体型認知症」神経細胞にできる特殊なたんぱく質のレビー小体が脳の大脳皮質や脳幹にたくさん集まることで発症。などがあります。
認知症は一般的に高齢者に発症することが多いの
ですが、30代の若年層にも増えています。

(原因)

一般に脳の細胞が破壊され減少することで起こる認知症ですが種類によっても原因は異なります。

アルツハイマー型認知症は女性に多く、脳にアミロイドβというタンパク質がたまり、脳細胞が壊死を起こし減少することで起こります。

アミロイドβは加齢により増えやすくなり、主に高齢者に発症しますが、30~50代の若年層に発症することもあり、若年性アルツハイマー型認知症と呼ばれています。

その場合は遺伝が関係しているといわれています。

脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などにより脳血管の損傷をきっかけに発症し、糖尿病や高脂血病、高血圧といった生活習慣病を持つ人がなりやすく、ストレスや喫煙も危険因子だといわれています。

レビー小体型認知症は、神経細胞にできたタンパク質のレビー小体が脳の大脳皮質や脳幹に大量に増えるのが原因で多くは高齢男性に発症します。

(症状)

主な症状として直前の行動を忘れる、覚えているはずの物や人の名前が思い出せなくなる「記憶障害」、自分がいる場所や置かれている状況、周りの人との関係性、年月日などがわからなくなる「見当識障害」、料理の手順、服のコーディネート、善悪の区別ができなくなるといった「判断能力の低下」があります。

また、これらの症状に、個々の性格や環境の変化などが加わることで、徘徊や弄便、暴力、暴言、幻覚、せん忘、異食、失禁・排尿障害、不眠・睡眠障害、う
つ症状といった行動・心理症状が現れる場合もあります。

(治療)

気になる治療法ですが認知症には根本的な治療法はありません。しかし、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症は薬で進行を遅らせ症状を軽くできる場合があります。

脳神経を活性化させ、進行を遅らせるためにリハビリもよく行われる。リハビリでは見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れるといった五感を刺激することがポイントで、リハビリ方法には書き取りや計算、文章の音読のほか、回想法、作業療法、音楽療法、芸術療法、アニマルセラピー、園芸療法などもありますが無理にリハビリを強要すると患者がストレスに感じて症状が悪化することもありますので本人が楽しく取り組める療法を選ぶことが重要です。

(予防)

食生活や運動、睡眠など日常生活の改善によって、脳を健康な状態に保つことが予防につながります。

数独、パズルゲームなど頭を使うことも予防になりますので趣味やゲーム、人とのコミュニケーションを楽しんだりすることが重要です。

血管性認知症は脳梗塞や脳出血、くも膜下出血をきっかけに発症しますので、生活習慣病の疑いがある人は動脈硬化を起こさないようにしましょう。

また、認知症患者は不安になると症状が悪化しやすくなりますので、介護にあたる時は認知症特有の行動に対して、きつく叱らず優し接し方を心がけましょう。

 

※当院の施術ではカラダの歪みを無くすことにより、カラダを流れる血液やリンパ液、食べた物などが寄り道をせず正しく流れるように矯正することが可能です。

結果として痛み、シビレはもちろん、巡り巡って脳を流れる血流が正常化されますので認知症になりにくくなります。
ご不安を感じておられる方はぜひ一度、よしたか鍼灸整骨院にご相談くださいませ。