坐骨神経痛の症例その2

坐骨神経痛の症例

坐骨神経痛といっても原因はさまざまで、人によって痛い場所も違います。

ここではよしたか鍼灸整骨院の患者さんで坐骨神経痛でお悩みだった方の症例の一部をご紹介いたします。

あなたの坐骨神経痛の原因・症状に応じたゆがみを改善する整体、ドミノスポットメゾットを行うことでそのつらい坐骨神経痛はかならず良くなりますのでご安心ください。

左お尻〜足にかけての痛み 66歳女性

主訴

左のお尻〜太ももにかけての痛み

年齢・性別

66歳 女性 高取町在住 主婦

初回の施術

2016年11月

症状

L腰臀部「寝返りが打てない」
L下腿外側シビレ
草刈りが原因「2~3時間」

治ったら何がしたいか?

・家庭菜園が出来るようになりたい。

・痛みを気にせず家族旅行をしたい。

検査

・重心検査「NG」・DRT12指標「NP」・C2検査「R」・ATR「+」・PTR「+」・SLR「+」

※当院のカルテに記載されている検査結果をそのまま記しております。

初回施術内容

・背骨の調整・骨盤の調整・腸腰筋の調整

初回施術後の変化

重心検査「NP」

・施術前検査に変化が見られた為、本日は上記の施術にて終了。

・施術後、重心が大幅に安定し姿勢は、わずかに改善。

 

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・重心検査「NP」・DRT12指標「NP」・C2検査「R」・ATR「+」・PTR「+」・SLR「+」

好転反応「-」・左もも裏の痛み、施術直後の少しの間楽だったとの事。

 施術内容

・背骨の調整・骨盤の調整・腸腰筋の調整・股関節の調整・脛腓関節の調整

施術後検査

・前屈・後屈・左右回旋に柔軟性がでてきた。

 

3回目の施術(5日後)

施術前検査

・重心検査「NP」・DRT12指標「NP」・C2検査「R」・ATR「+」・PTR「+」・SLR「+」

左太もも裏の痛みは付け根のあたりだけになってきているとのこと。

施術

・背骨の調整・骨盤の調整・腸腰筋の調整・股関節の調整・脛腓関節の調整・足関節の調整

施術後検査

左もも裏痛みはまだあるが徐々に改善しており施術間隔を伸ばしつつ経過観察。

4回目施術(1週間後)

施術前検査

・重心検査「NP」・DRT12指標「NP」・C2検査「R」

家庭菜園も楽にできている。日に日に改善している。

施術

・背骨の調整・骨盤の調整・腸腰筋の調整・股関節の調整・脛腓関節の調整・足関節の調整

施術後検査

・施術前検査は「NP」

立ち上がりや座る際の痛みはなくなる。お尻が痛いことはあるが程度はかなり軽減。

施術間隔を伸ばしつつ経過観察。

5回目の施術(10日後)

施術前検査

・重心検査「NP」・DRT12指標「NP」・C2検査「R」

バランス良好、庭菜園中は問題ないが、作業後に腰部の違和感。

施術

・骨盤の調整・腸腰筋の調整・股関節の調整・脛腓関節の調整・足関節の調整

 

施術後検査

・施術前検査の制限はなくなる。

左のお尻の痛みは安定しており施術間隔を伸ばしつつ経過観察。

6回目施術(2週間後)

施術前検査

・DRT12指標「NP」・C2検査「R」

施術

・骨盤の調整・腸腰筋の調整・股関節の調整・脛腓関節の調整・足関節の調整

施術後検査

・施術前検査の動き「NP」

お尻の痛みは日常生活で気にならないほど改善しているが、ご本人様の希望で、月1回ペースで定期的に施術を続けていき、少しでも体の負担なく過ごせるようにしたい。とのことで引き続き施術を継続していく。

まとめ

生きがいでもある家庭菜園で坐骨神経痛になってしまったこの方の症例。

畑や家庭菜園は中腰や長時間しゃがんだ体制を繰り返し、体のバランスが変わるので負担がかかります。

中腰の様な前傾姿勢の負担としては背中や腰・お尻周りに症状が出る方が多いです。

この方は昔から腰痛があったようですが、今回はお尻〜足にかけて症状が出てしまいました。この方の場合、体のゆがみで影響が強かったのが腸腰筋のゆがみと骨盤・背骨のゆがみでした。

もも裏も圧迫され足の方へ行く血流も悪くなっていましたが股関節・脛腓関節の調整を行っていくことで改善しました。

からだ全体の症状は整体で良くしていく事が可能ですが、普段から症状が出ない姿勢を意識することも大切かと思われます。ぜひご参考にしていただければ幸いです。

非公開: 坐骨神経痛について詳しくはこちら

非公開: 坐骨神経痛

この記事に関する関連記事