院長紹介

寺本 悦崇

寺本 悦崇

1972年4月23日
東大阪市生まれ
1985年3月
森河内小学校卒業
1988年3月
高井田中学校卒業
1991年3月
太成高校卒業
1994年3月
森ノ宮医療大学卒業
1999年3月
行岡保健衛生大学卒業
1999年4月
大阪市城東区で整形外科・ペインクリニック勤務
2002年8月
奈良県橿原市で鍼灸整骨院 分院長
2009年4月
よしたか鍼灸整骨院開院
趣味
ピアノ・料理・バイク・サーフィン

寺本 悦崇 プロフィール

東大阪市森河内の下町に、整骨院を営む父と専業主婦である母の間に4人兄妹の3男として誕生。幼稚園から書道とピアノを習い、小学校では自宅近くの空手道場で稽古に励み中学では剣道部に所属、家に帰ってもクタクタで宿題を終えてお風呂と夜ごはんを終えるとすぐに寝るという規則正しい生活を送る。高校に入るとプロボクサーの兄の影響で某ボクシングジムに入門。勉強そっちのけで練習に励み、幾度となく留年の危機に直面したが無事卒業。そして、父のようにどんな症状も全力で治療し、多くの患者さんと喜びを分かち合あえる治療家になると決意し鍼灸学校を受験、合格。まぐれで鍼灸学校に受かった後は医学的な勉強に付いていけずストレス発散という理由でバイクの中型免許を取得、400ccの中古バイクで阪奈道路や六甲山の道路、関西のレース場へ走りに行く。ところがバイクに事故はつきもので小さな自爆転倒事故を入れると20回以上のけがを病院や整体院で治療してもらうことがあり、治療家という存在の重要性に改めて気付くことになる。勉強に目覚めてからは午前中、整体院で見習い昼間は学校、午後は鍼灸院で見習い、その後は自宅で予習復習の毎日。

そして鍼灸師の国家資格を取得後2年間研修したが、自分には何かが足りないと考え、ワンランク上の資格を取るべく柔道整復学校を受験し合格。ここでは骨折、脱臼、靭帯損傷、打撲、捻挫などの日常で最も多い外傷治療を集中して学ぶ。

26歳で柔道整復師の資格を取得すると痛みに特化した治療に興味を抱き大阪市内のペインクリニックに就職、西洋医学、主に画像診断と手術の流れ、薬に関する知識を学ぶ。

毎晩、診察が終ると「院長」に夜ご飯をおごってもらいながら、その日の治療に関する質問をする。日曜日は毎週のように治療の勉強会に参加する日々が始まる。

いくらか自信がついてきた頃、橿原の整体院で雇われ院長をしないかというオファーがあり、引き受ける。ここでは10年間で3000人ほどの新規患者さんを一人で診ることになり、いろんな症例を経験する。

その後、同じ場所で「よしたか鍼灸整骨院」と院名を変更し、東洋医学と西洋医学の良い部分だけを抜き出して、つらさをガマンしている人たちに提供するため、理想の整体を追求する日々を続けている。

よしたか鍼灸整骨院

  寺本悦崇

全国の院長先生と共に治療技術を磨いております。

他院の院長先生を交えた当院の整体勉強会にて。

毎月、技術セミナーを開催し全国の院長先生たちに肩凝り、慢性腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症の治療法を直接指導しています。

定期的に、全国の院長先生たちと集まり、肩こり、慢性腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症の治療技術を共有しています。

頚椎症、肩凝り、頭痛など、頸椎の歪みから来る症状を改善する為、勉強熱心な他院の院長先生たちに頸椎矯正の技術指導をしています。

ムチウチ、肩こり、頭痛など、頸椎のゆがみから来る症状を改善する為、他院の院長先生たちと頸椎矯正の技術を共有しています。

よしたか式関節可動回復療法・背骨矯正や骨盤矯正の施術方法、並びに施術の際の注意点なども分りやすくお伝えしております。

背骨矯正や骨盤矯正の施術方法、並びに施術の際の注意点なども分りやすくお伝えしております。

勉強会の後は懇親会で院長先生たちと治療に対する情熱を熱く語り合います。

勉強会の後は懇親会で院長先生たちと治療に対する情熱を熱く語り合います。

すすんで練習台になります。
お互いに、患者さんの気持ちになって治療技術の練習をします。
東京や大阪・九州などで、全国の院長仲間と一緒に勉強会を開いています。

技の勉強以外にも患者さんを大切に思う心の在り方も学んでいただきます。

全身矯正専用ベッドを使った治療法も優しく教えています。

全身の関節矯正専用マシーンを使った治療法も優しく教えています。

勉強会は終始、緊張感の中で行われますが、終わると院長先生たちもリラックスしてくれます。

勉強会は終始、緊張感の中で行われますが、終わると院長先生たちもリラックスしてくれます。