症状別ページ こむら返り

こむら返り、今までツラかったでしょう、もう大丈夫ですよ!

こむら返りであなたのように悩んでいた人が 当院の施術で改善しておられます。

運動中や就寝中に突然、ふくらはぎに激痛が走る「こむらがえり」あまりの痛さで思わず動けなくなってしまいますが、こむらがえりは、どのようにして起こるのでしょう?

原因

筋肉は伸び過ぎたり、縮み過ぎたりすると、それが負担となって傷んでしまいます。それを防ぐために、伸び過ぎを防ぐ筋紡錘(きんぼうすい)、縮み過ぎを防ぐ腱紡錘(けんぼうすい)と呼ばれる2つのセンサーが備わっています。そのうちの腱紡錘の働きが低下すると、筋肉が異常に収縮し、痙攣を起こしてしまいます。それが、こむらがえりです。原因として、諸説ありますが、、、

  • マグネシウム、カルシウム、カリウムなどミネラルバランスの乱れ
  • 水分不足(運動中や就寝中の発汗による脱水)
  • 運動不足の人による急な運動
  • 体のゆがみによる、ふくらはぎへの負担

上記などが考えられますが、上の3つに心当たりがないのに治らない場合、体のゆがみでふくらはぎに体重が集中し、筋肉疲労や筋肉の収縮が起こりやすくなっていると考えます。

病院や一般的な整体院の対処法

  • 循環器系か神経内科、あるいは整形外科で筋弛緩薬、漢方薬、鎮痛薬など
  • ふくらはぎの痛い部分に電気治療
  • ふくらはぎをマッサージ

(主な投薬パターン)

 

・筋弛緩薬「ダントリウム」副作用として、脱力感やフラフラ感が起こることがあります。
・漢方薬「芍薬(しゃくやく)」鎮痛作用
・抗炎症作用「甘草(かんぞう)」が含まれた「芍薬甘草湯」が効果的です。ただ、甘草は血圧を上げるので、高血圧の人はご注意!

よしたか鍼灸整骨院の治療

  • ゆがみを無くし、どこにも負担がかからない体をつくる全身の骨格矯正
  • こむら返りにならない体の使い方をアドバイス
  • こむら返りにならない寝方をアドバイス
  • 栄養バランスを考えたアドバイス
  1. マグネシウム(アオサやワカメ、ヒジキなどの海藻類、ナッツ類に多く含有)
  2. カルシウム(牛乳、チーズなどの乳製品、豆腐や生揚げなどの大豆製品、ししゃもやしらすなど、骨ごと食べられる魚に多く含有)
  3. カリウム(ズイキ、長いも、サツマイモなどのイモ類、バナナやキウイなどの果物に豊富)

※これらの食品はミネラルだけでなく、ほかの栄養価もすぐれており治療効果を高める働きがありますので、意識して摂るようにしましょう。