冬の健康 暖房器具とは“つかず離れず”

コタツで足を温めながらテレビを観ていたら、だんだん眠くなってきて、次第に肩までコタツの中へ。そしてそのまま眠ってしまう・・ こんな経験はありませんか?え、毎日そんな感じ!?それはまずいです。
また、ストーブの前に居座って離れないでいるのもよろしくありません。
言うまでもないことですが、暖房器具にくっつき過ぎると体内の水分が飛ばされて、体が乾燥気味になってしまいます。
それだけでなく、本来代謝によって発熱するべき体が、外から過剰に温められることにより、自分で発熱しようという機能が衰えてしまうこともあるのです。
暖房器具が欠かせない季節ではありますが、くっつきすぎ、頼りすぎも考えモノ。「つかず離れず」の関係で、体に負担をかけないようにしてください。

☆一回治ったのに、また最近、痛みやシビレが出てきた、という当院卒業生のあなた!
徐々にカラダが歪んできているかも?ぶり返す前にご相談ください!

よしたか鍼灸整骨院では2022年も引き続き、待合室、施術室、施術ベッド、トイレなど全設備の衛生管理を徹底し、コロナ・インフルエンザなど、想定される全ての感染症対策を実施しておりますので、どうぞ安心してご来院くださいませ!