人間は腰痛になる生き物です?

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

 

・人間は腰痛になる生き物です。

働いていれば、誰でも体の不調を抱えているはずです。

中でも腰痛は、比較的多くの方が、

長期に渡り苦しめられている症状ではないでしょうか?

平成25年に厚生労働省が行った調査の世帯員の健康状況によると

女性に多い自覚症状の1位は「肩こり」、2位が「腰痛」、3位が「手足の関節が痛む」だそうです。

平成22年に行われたデータと比較すると、

1位の肩こりは少し人数が減っていますが2位の腰痛は人数が増え1位に届きそうなのだそうです。

ちなみに男性は1位が「腰痛」、2位が「肩こり」だそうです。

国民病とも言える腰痛ですが、その原因とは一体何なのでしょう?

まずは腰痛が起こる原因について考えてみましょう。

(腰痛患者さんの80%以上は原因不明と言われています)

人生一度は経験するといわれる腰痛ですが、厚労省が発表した腰痛対策資料によると、

元々、腰痛という名称は病気の名前ではな く

「主に腰の部分に関わる痛みや張りなど不快な症状の総称」とされています。

そして実にその85%は原因が解らないのです。

腰痛は、原因が分かっている特異的腰痛と

原因が特定できない非特異的腰痛の二種類に大きく分けられます。

特異的腰痛は医師の診断、およびX線やMRIなど画像検査で腰痛の原因が特定できるものをいい、

具体的には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折、

加齢にともなって骨密度が減少する骨粗鬆症などの症状のことで、

医療機関を受診する患者さんの約15%位だそうです。

つまり多くの人が悩んでいる非特異的腰痛は、医療機関を受診しても、

ほとんどの方はハッキリした原因がわからないタイプだというわけです。

(腰痛の原因)

しかし、腰痛の原因に対して、全く何もわかっていない訳ではありません。

職場や日常における腰痛に影響を与える要因には、以下のようなものが考えられます。

1. 腰に強い負荷が掛かる仕事
2. 長時間の同じ作業姿勢、ひねり姿勢、後屈ねん転姿勢
3. 家事や、おじぎなどの前屈姿勢
4. 急激にやってしまう不用意な動作
5. 日々の精神的ストレス
6. 寒冷な環境・気候
7. バランスの悪い床面での作業
8. 年齢、性別、体格、筋力の衰え

上記のような要因から腰痛を発症された方もいることでしょう。

よしたか鍼灸整骨院では究極の整体法ドミノスポットメゾットを中心に

独自の検査で原因を把握し症状別に対する処置方法も完璧にマスターしています。

有名治療院に行っても全く変化しなかったあなた、

もう大丈夫です!

あなたと同じ腰痛で悩んでいる多くの方が

当院の施術を受けて良かったと言っておられます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

もしあなたも気になる症状があれば、早めにご相談くださいね。

奈良県橿原市鳥屋町にある・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇