肩こり・腰痛治療に水分補給って必要!?~その2~

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

では実際に水分不足になると、どんな症状が出るのでしょう?

・筋肉のコリ、疲れやすい

肩コリや、腰の痛みでお悩みの方は年々、増加しておりますが、

筋肉のコリや疲労は、血流の悪さによる老廃物の蓄積が原因です。

浮腫(ムクミ)

水をたくさん飲むとムクんでしまうと思ってしまう方もいますが、それは誤解です。

体内の水分量を保つために細胞が水分を排出しようとせず、細胞内に水を溜め込んでしまうため、

それが膨れ上がり浮腫が生じてしまうので、しっかり水分補給をしましょう。

・めまい、耳鳴り

水分不足によって血液がドロドロになり、頭部の血流が悪くなると、

視神経を刺激し、めまいの原因になります。

また、耳鳴りは水分不足により耳の中のリンパに

ムクミが起きてしまうことが一つの原因になります。

・便秘

水分摂取量が少ないと、体に必要な水分量を維持するため、

便から水分を吸収し過ぎてしまい便が硬くなり便秘になってしまうのです。

十分な水分量があれば、便中の食物繊維が水分を保つことで膨らんだ腸を刺激し、

蠕動運動をスムーズにします。

ここまでお読み頂くと、水が人体にとって、

いかに大事な役割を果たしているのか分かって頂けたと思います。

よしたか鍼灸整骨院でも、水分量が足りていない患者さんが多いので、

待合室に天然水(500CCのペットボトル)水分摂取用に用意しており、

施術後は自由に飲んでいただくよう、おススメしております。

このブログを読んで頂いた方は、いきなり大量の水を飲もうとしてもキツイと思いますので、

毎日チョットずつ飲む量を増やしていきましょう!

追伸:肩こり・腰痛の早期改善に必要不可欠な水ですが、

心疾患や腎疾患など持病をお持ちの方は医師と相談の上おこなって下さいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

もしあなたも気になる症状があれば、早めにご相談くださいね。

奈良県橿原市鳥屋町にある・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇