あなたの腰痛や脚のシビレは腰椎ヘルニアが原因ではないかも!?

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

今日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

今日は、腰痛やお尻から下のシビレや痛みは本当に腰椎椎間板ヘルニアのせいで起こっているのか、をお伝えします。

私の整体院に訪れる患者さんの中に、何年も前に腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けて
腰痛や臀部~足の痛みやシビレでお悩みの方がいらっしゃいます。

そして患者さんの多くはお医者さんに腰椎椎間板ヘルニアといわれた以上「もう良くならないんだ」と思っています。

しかし、腰痛や足のシビレや痛みは、本当に腰椎椎間板ヘルニアだけの影響なんでしょうか?

まずは腰椎椎間板ヘルニアについて説明していきます。

 
椎間板軟骨は線維輪と髄核でできていて、背骨と背骨の間でクッションの役目をしています。色んな負担が原因でその一部が線維輪を突き破って飛び出し神経を圧迫します。

良くない姿勢での作業、や重量物の運搬や大量の喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。
腰椎椎間板ヘルニアになった当初は、腰痛やシビレが腰椎椎間板ヘルニアの原因という方がいますが、何年も経っているのに腰痛やシビレがあるという方は、本当に腰椎椎間板ヘルニアが原因なのかを一度、疑う必要があります。

それは、まったく腰痛を経験したことの無い人の腰部を検査したところ、約60歳以下の1/5にヘルニアが認められ、約半数の人に椎間板の膨らみがみられたという研究結果が見られたからです。

又、60歳以上の方では、約1/3の方に椎間板ヘルニアが存在し、約80%人に椎間板の膨らみ見られているそうです。

では、60歳以上の方の80%に全員、腰痛やシビレがあるのでしょうか?

もうお分かりだとは思いますが多くの方に椎間板の変化は見られます。

でも、それはあくまでも「結果」であって本当の「原因」でないことがほとんどなのです。

もちろん、腰椎椎間板ヘルニアで腰痛やしびれが原因の方もおられます。

ただ、全員そうなのかというと違います!

結論をいうと、腰椎椎間板ヘルニアと診断されたからといって、あなたの腰痛やシビレを改善できる可能性は大いにあるという事です。

よしたか鍼灸整骨院では独自の検査を行い本当「原因」を見つけ出して
ソフトで短時間に矯正していきます。

どんな方法で行うのか、興味ある方は一度、ご連絡ください。

2018年のゴールデンウィークもやっている整体院、
もし、気になる症状があれば、早めにご相談くださいね。
奈良県橿原市鳥屋町にある・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇