坐骨神経痛を引き起こす筋肉は○○だった!?その③

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

このブログでは、よしたか鍼灸整骨院に、ご縁のあった、あなたが健康な日々を送れるよう、色々な情報を発信しております!

今回は「坐骨神経痛を引き起こす筋肉は○○だった!?その③」をお伝えします。

坐骨神経痛を引き起こしている原因の筋肉それは・・・

お尻の筋肉(大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋など)です。 

坐骨神経痛を発症する方は、臀筋が硬い場合がとても多いです。

坐骨神経は腰から出た後、お尻にある梨状筋の横を通って脚に伸びており、梨状筋が硬くることで坐骨神経を絞めつけ、神経痛を引き起こします。

しかし、ポイントは梨状筋の周りの臀筋にも日常生活の負担がかかり過ぎた結果、骨盤にゆがみを生じ、硬くなり坐骨神経を締め付けている場合があります。

単純に梨状筋だけ柔らかくすればいいのかというと、そういう訳でもなく、梨状筋を硬くさせている大本の原因を取り除かなければならないのです。

その原因を引き起こしているのが、臀筋なのです!

臀筋は大きく強靭な筋肉のため緩みにくく、マッサージやボキボキでは、なかなか緩んでくれません。

よしたか鍼灸整骨院では臀筋を緩めて、かなり楽になられた患者さんが多くいらっしゃいます。

ただ、臀筋は特に緩みにくい筋肉なので深くまで緩ませてあげることが重要です。症状が軽い人はマッサージで効くはずです。

※マッサージで効かない人は生活に支障が出るくらいの症状をお持ちだと思いますので、よしたか鍼灸整骨院にご相談ください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

肩こり・腰痛で何件も病院や整骨院へ行ったけどダメだった。と諦めているあなた、一度、当院にご来院ください。

意外な原因が見つかるはずです!

奈良県橿原市鳥屋町にある・ぎっくり腰・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇