奈良県橿原市の治療院で、膝に注射や電気治療をしても歩くときの痛みが取れない原因とは?その①

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

このブログでは、よしたか鍼灸整骨院と、ご縁があった皆さんが健康な日々を送れるよう、色々な情報を発信しております!

膝 関節痛 膝痛 男性 階段 人物 足 痛み 屋内 加齢 病気 シニア 男 健康 年配 高齢 ひざ 手すり 登り 辛い 関節

今日は前回に続き、膝痛についてお伝えしてきいきます。

前回の記事でもお伝えしたように膝痛はあくまで「結果」であって「原因」ではないのです。

からだの構造的なバランスの崩れやゆがみ、他の関節の動きが悪くなってしまったり、膝を支える筋肉などが硬くなってしまい、神経を刺激して膝痛を起こしている場

合がほとんどなのです。

そして今回は、私の治療現場でもっとも重要視している筋肉の1つ目をご紹介します。

それは臀筋(おしりの筋肉)です!

えっ!そうなん!?と思われる方も多いとは思いますが、実は筋膜でつながっており、

歩く時、膝に負担をかけないように、臀筋を使って膝を安定させようとした結果、臀筋は硬くなってしまうのです。

そして臀筋が硬くなると膝と連動して働く、股関節も硬くなってしまいます。

すると、ますます膝まわりの筋肉の負担が蓄積し、神経を刺激して歩く時の膝痛があらわれます。

よしたか鍼灸整骨院では臀筋を柔らかくする施術だけで歩く時の痛みや、膝の曲げ伸ばしが楽になる方もいらっしゃいます。

もちろん、臀筋が柔らかくなっただけで全てが治るわけではありませんが、確実に効果を実感できます。

次回は、膝痛の原因その②をお伝えします。

注射・電気治療・シップをしても膝の痛みを感じでお困りの方、将来手術かもと悩んでいる方、思い切って当院へご連絡下さい。

奈良県橿原市鳥屋町にある・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇