奈良県橿原市で膝が痛い時、温めた方がいいのか?冷やした方がいいのか?迷っているあなたへ

From 寺本 悦崇

奈良県橿原市鳥屋町の治療院より・・・

本日も、ブログへのご訪問、ありがとうございます。

このブログでは、よしたか鍼灸整骨院と、ご縁があった皆さんが健康な日々を送れるよう、色々な情報を発信しております!

 

あなたはお医者さんに、膝を「温めなさい」と言われたことがありませんか?

これは、正解でもあり、不正解でもあります。

私が患者さんにお伝えするのは、慢性の膝痛で家で安静にしている場合には「温め」冷やさないようにして下さいと言います。

慢性の膝痛では、膝やその周りの筋肉が硬くなってしまい血液の循環が悪くなるからです。

 

では、冷やす場合はというと普段よりもよく歩いた場合、荷物を運んだなどの膝を使い過ぎた場合に「冷やす」ようにアドバイスしています。

なぜ、膝を使い過ぎた場合に冷やすようにお伝えするのかというと、野球のピッチャーが投げ終わった後に肩を冷やしている姿を見たことはありませんか?

あれは、ピッチャーが投球で、肩を酷使して炎症が起こるのを防ぐためにアイシングをしているのです。

それと同じように、あなたが長時間歩いた後に膝に炎症が起こるのを防ぐために「冷やす」のです。

ちなみに「冷やす(アイシング)」するタイミングは、歩き終わってから30分以内で冷やしてあげて下さいね!

テクスチャ テクスチャー バックグラウンド 背景 背景素材 氷 アイス アイスブロック ロックアイス 冷たい コールド 冷却 冷凍 凍る 涼しい 涼しげな 夏 冬 青 ブルー 寒い こおり スノー 霜 冷やす アイシング かち割り 製氷 冷房 冷んやりした

それから、よしたか鍼灸整骨院で大事にしているのが、温めても冷やしても気持ちいいという、あなたの感覚を大事にしています。

逆に温めたり冷やしたりして、痛みや違和感が出たらすぐに中止しましょう。

これは、あくまでも応急処置的なものなので。

もしも、こんな場合どうしたらいいの?などありましたらご連絡下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

肩こり・腰痛で何件も病院や整骨院へ行ったけどダメだった。と諦めているあなた、一度、当院にご来院ください。

意外な原因が見つかるはずです!

奈良県橿原市鳥屋町にある・ぎっくり腰・肩こり・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛専門治療院

よしたか鍼灸整骨院

寺本 悦崇